エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

(左から)中村勘九郎、生田斗真、武内陶子アナウンサー

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。

 NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、瀧容疑者が演じていた足袋屋の店主役を、俳優の三宅弘城に変更すると発表した。

 新たなキャストが続々と撮影に加わる中、三宅との共演についても聞かれた勘九郎は「実はものすごくうれしい。(2004年放送の)『新選組!』のときに共演させてもらったのですが、その前から三宅さんの舞台を見て、ずっとファンだったんです」と明かした。

 勘九郎は「『新選組!』のときも、廊下でお会いして、『ファンです。握手してください!』とお願いしたんです」とエピソードを披露しながら、「大河でまたご一緒できる。今(状況は)大変は大変でしょうけど、三宅さんをバックアップしつつ、(共演が)すごく楽しみでしょうがない」と笑顔を見せた。

 一緒の撮影はまだ行われていないが、「三宅さんとはもう会ったか?」と聞かれると「会いました。『頑張りましょう』と言って。そりゃ大変だと思いますよ。だって1年間掛かって作る作品を、本当に限られた日数でやらなければいけないんだから。でも三宅さんは百戦錬磨、プロですから必ずいいものができるという予感しかないです」と期待を寄せた。

 この日、勘九郎は、集まった大勢の観客の前で、生田と楽しいトークを展開させた。「文京区は金栗さんの青春の地であり、私の生まれ育った場所でもあるので感慨深い。ここで、日本人最初のオリンピアンを演じた2人でトークができたというのは、これからの撮影の励みにもなりました」と白い歯を見せた。

 生田も「老若男女たくさんの世代の方にお越しいただいた。こういった方々に『いだてん』は支えられ応援してもらっているのだと、肌で感じることができてうれしかったです」と語った。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ