エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

尾野真千子「お金がないとみんな敵に見える」 転落する主人公に過去の自分重ねる

尾野真千子(左)と安田顕

 WOWOW「連続ドラマW 絶叫」の完成披露試写会が19日、東京都内で行われ、出演者の尾野真千子と安田顕が登場した。

 本作は、貧困、ブラック企業、孤独死、保険金殺人などをキーワードに、平凡な女が生きるために足を踏み入れた社会の暗部を描いたサスペンスドラマ。

 転落していく主人公・陽子を演じた尾野は、「台本を読むと役が悲しすぎて。これを私が演じるのかと思うとちょっと不安にもなったけど、これを伝えることで“きっと何かがどうかなるだろう”と信じて、やりたいと思いました」と作品への思い入れを口にした。

 また、尾野は「お金がない時って心まですごく寂しくなったりする。みんな敵に見えるんですよ。みんなが上から目線のような気がして。“私はお金はないけど、心はちゃんと持ってる”と思うんやけど、お店に行っても“売ってやってる”と言われているようで、陽子の気持ちがよく分かっちゃう。すごく心が痛かった。自分を見ているようでもありましたね」と寂しげに振り返った。

 一方、闇社会に生きる得体の知れない男・神代を演じた安田は「撮影中のことはあまり記憶にないのですが、打ち上げのカラオケが楽しかった。尾野さんの『アナ雪(アナと雪の女王)』の主題歌(『レット・イット・ゴー』)がうまかった」とエピソードを披露。

 続けて「ただ、尾野さんはマイクを自分で持たん。隣の私に『持って』と言う。立ち上がったりかがんだりするので(ついていくのが)大変だった」と、尾野が自分にマイクを持たせて熱唱していたことを明かし、笑いを誘った。

 ドラマは3月24日からWOWOWプライムで毎週日曜午後10時に放送。全4話(第1話無料)。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ