エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松岡茉優、作品の魅力を全力でアピール 「泣けて泣けてどうしようもないシーンがあった」

(左から)原恵一監督、杏、松岡茉優、市村正親、東山奈央

 映画『バースデー・ワンダーランド』のジャパンプレミアイベントが18日、東京都内で行われ、声優を務めた松岡茉優、杏、市村正親、東山奈央、原恵一監督が登壇した。

 本作は、自分に自信のない少女アカネが、不思議な世界“ワンダーランド”で繰り広げる冒険を描いた長編アニメーション。

 主人公アカネの声を演じたのは、原監督とはアニメ映画では初顔合わせとなった松岡。普段は実写作品を中心に活躍しているだけに「今回は監督に(せりふを)一行ずつご指導たまわりながら、安心して務めることができました」と語った。

 アカネと一緒に冒険を繰り広げる叔母チィの声を演じた杏は「こういった“異世界に冒険するぞ”という作品で、保護者つきというのは珍しい」と語った。

 また、アカネとチィの関係については「親とか友だち以外で接点のある大人は、自分にも子どもたちにもいたらいいなと思う。何とも言えないすてきな関係性」とコメントした。

 ワンダーランドの住人で小人のピポの声を演じた東山は、声優として多数の作品で活躍中。「小さい頃、(原監督の)『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』が大好きだったこともあり、一度は原作品に出てみたかった。すごく光栄。スクリーンを通して五感に働きかける素晴らしい映画になっている」と語った。

 アカネをワンダーランドに導く大錬金術師ヒポクラテスの声を演じた市村は「ハンサムで知的ないい役。長く生きてきてよかった」と感慨深げ。さらに「僕は舞台役者で職人みたいな人間なので、下世話になりがちなところを監督に修正してもらった」とアフレコの様子を振り返った。

 キャストの言葉を受けて原監督は「映画を作るときは、いつもお客さんとの真剣勝負だと思っている。皆さんをすてきな旅に誘える映画になった」と出来栄えに自信を見せた。

 最後に松岡が「アフレコをしているときから、泣けて泣けてどうしようもないシーンがあった」と告白した。

 松岡は「色彩豊かな色がついて、素晴らしい挿入歌が流れて、この映画の集大成がすごい密度で迫ってくる。感情のつぼがいっぱいになってあふれ出し、泣けて泣けてしょうがない。“何だこの気持ち”という瞬間が後半に訪れる。もう1回生まれ変わって明日が迎えられるような、潔く、まぶしく、さわやかで、素晴らしいシーン」と気持ちを込めて、映画の魅力をアピールした。

 映画は4月26日から全国ロードショー。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ