エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

尼神インター誠子“パンプス”で激走 渚は「すごいほんこんさんやな」

 “足が痛くなりにくい”パンプスをPRした尼神インターの誠子(左)と渚

 キビラ「イタリーレザービーナスハイヒールパンプス」新商品お披露目および事業発表会が18日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・尼神インターの誠子と渚が出席した。

 同商品は「医療用3D計測器」でミリ単位まで正確に足のサイズを計測し、一人一人の足に合わせてオーダーメイドで作製する“足が痛くなりにくい”パンプス。

 2人はオフィスレディー風の衣装に、パンプスを履いた姿で登場すると「医療用3D計測器」で足のサイズを計測するデモンストレーションを体験した。

 誠子は「私は女性らしいスタイリングが好きで、女子力が高いのでパンプスを履くことが多いんですよ。ロケのときも足に合わないパンプスを履くと、本当に痛くて顔に出ちゃって、共演してる芸人さんに『誠子、いつもよりブスやな』って言われます」と悩みを告白した。

 計測したデータを基に作製された2人の足にぴったりのオリジナルのパンプスが登場すると、試着した渚は「痛くない。パンプスの概念が変わるぐらいにいいです。これを履いて山登りに行こうかな」とリアクション。

 誠子は、このパンプスを履いた状態で、フィットネスジムで使用されているランニングマシーンの走行に挑戦すると「全然違う~。これなら走れる」と感激の笑顔を浮かべた。

 ハイヒールで激走する誠子を見学していた渚は「ほんまにすごいほんこんさんやな。新しい誠子ちゃんを見られました」と感想を語り、笑いを誘った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ