エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

河合郁人「滝沢くんがいるんじゃないかな…」 辰巳雄大「修二と彰のように舞台を飛び出したい」

(前列左から)榎木孝明、河合郁人、辰巳雄大、(後列左から)渋谷天笑、純名里沙、いしのようこ、惣田紗莉渚

 舞台「トリッパー遊園地」の初日終演後囲み取材が15日、東京都内で行われ、出演者の河合郁人(A.B.C-Z)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、惣田紗莉渚(SKE48)ほかが登場した。

 河合が単独初主演を務める本作は、90年続く老舗の「山ノ内遊園地」の社長マサヒロ(河合)が1944年にタイムトリップし、奔走する物語。

 新橋演舞場で初日公演を終えた河合は「昔は(主演の)滝沢(秀明)くんが目の前にいたので、最初にステージに立ったときは、どこかに滝沢くんがいるんじゃないかという錯覚を起こしました。本番前は緊張し過ぎて、辰巳の楽屋を何回も行き来していました」と話して、笑いを誘った。

 マサヒロがタイムトリップした時代に出会うショウヘイ役の辰巳は「硬派な男なので、自分で髪をバッサリ切りました。ショウヘイのことを考えれば考えるほど、日本の歴史を学べるすてきな時間になっています」とアピールした。

 一緒に暮らしていたこともあるほど公私共に仲がいいという河合と辰巳。約20年振りとなる共演について、河合が「安心します。一緒に踊っていてすごく気持ちいいです」と胸の内を明かした。

 辰巳も「楽屋に2人でいるときは、同居していたときを思い出しました。今回初めて2人のデュエット曲が(作品内で)あるので、“修二と彰”のように“マサヒロとショウヘイ”で舞台を飛び出したいです」と野望を語った。

 また「グループのメンバーは見に来てくれる?」との問いに、河合は「戸塚(祥太)が7日前に演舞場で主演をやっているので、見てもらうのが楽しみです」と回答。辰巳は「ふぉ~ゆ~は全員、見に来てくれます」と笑顔を浮かべた。

 舞台は4月7日まで都内・新橋演舞場ほかで上演。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ