エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

水樹奈々、「キャプテン・マーベルは最強」 腹筋鍛え、日本語版吹き替えに挑む

(左から)水樹奈々、竹中直人

 映画『キャプテン・マーベル』ジャパンプレミアが13日、東京都内で行われ、日本語版吹替声優を務めた水樹奈々(キャプテン・マーベル役)、竹中直人(ニック・フューリー役)、ゲストとしてマーベルの大ファンというお笑いコンビ・ミキ(昴生、亜生)が出席した。

 本作はアベンジャーズ誕生の鍵を握るヒーロー、キャプテン・マーベルを主人公にしたアクション映画。記憶と引き換えに強大な力を得た彼女が、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に、記憶に隠された真実を追う姿を描く。

 冒頭のあいさつで、水樹は昨年末にオーディションで役を射止めた事を振り返り「これまでアニメ作品でも数々の強い女性を演じてきましたが、彼女が最強なんじゃないかと思っております。アフレコ前は、(演じている)ブリー・ラーソンさんと同じように腹筋をして体を作って、しっかりご飯を食べて全力で思いをぶつけてきました」と笑顔で報告。

 キャプテン・マーベルの魅力については、「心の強さ」を指摘。水樹は「人間は、いろいろな経験を経て成長して、過去の記憶があるから輪郭が形成される部分があると思う。でも、それを持たずして、人間として弱い部分を持ち合わせていながらも克服し、成長してヒーローになっていく。それは本当に強い人でないとできないことなのではと思います」と語った。

 一方、若き日のニック・フューリーの声を担当した竹中は、「ニックに髪の毛が…」と、外見の変化を紹介。「30年前ですから、わたしも髪の毛はありましたから。実際演じるサミュエル・L・ジャクソンも、かつらだとは思いますが、『お、髪の毛あるじゃん』と自分で触ったことが現場ではあったのではないかと思いました」とコメント。さらに「まだニックがちょっと軽いですね。歌まで歌っちゃうニックがとてもチャーミングでかわいかったです」と振り返った。

 映画は3月15日、全国公開。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ