エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

崎山つばさと植田圭輔「心の奥底の黒い部分は一緒!?」 最上もが「芸能界なんて裏社会みたいなもん」

(左から)植田圭輔、崎山つばさ、最上もが

 映画『クロガラス1』初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の崎山つばさ、植田圭輔、最上もがが登場した。

 2.5次元俳優の神7の一人である崎山をはじめとする、注目の2.5次元俳優陣が挑む2部作のPART1となる本作。金さえ払えばどんな危ない仕事も引き受けるダークヒーロー“クロガラス”がアジア最大の歓楽街「新宿の裏社会」で起こるトラブルに立ち向かう。

 映画初出演で初主演の崎山は「並々ならぬ思いで撮影しました。それを舞台あいさつで存分に披露して、作品の良さを伝えられたらと思っています」と語った。

 植田は「この3人でしか出せないような関係性やお芝居があって、すごい印象深いです」と撮影を振り返った。

 イベントでは“裏社会耐性心理テスト”という企画が行われた。そのテストで、崎山と植田の答えが14問中13問も同じだったことについて、最上が「心の奥底の黒い部分は一緒かも…」とコメント。

 その答えを聞きながら、無意識に崎山と同じポーズを取っていた植田に向けて、崎山は「闇が深いな。だってポーズが一緒だもんな」と笑顔を見せた。

 最上のテスト結果は「感情のコントロールが得意ではないため、理不尽や不条理がある裏社会のストレスに耐えられない」というもの。

 その評価について、最上は「当たっている。芸能界なんて裏社会みたいなもんじゃん。生きるのつらいいもん」と明かすと、会場は笑いに包まれた。

 最後に崎山は「1と2の先に3と4、それにドラマ、漫画、ゲームといろんな展開ができればいいなと思っている作品です。ぜひ皆さんの力で先に続いていければと思います」と本作について期待を寄せた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ