エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山崎育三郎主演の「プリシラ」が再演 「今一番チケットが取れないミュージカル」

「プリシラ」の再演に臨む山崎育三郎

 ミュージカル「プリシラ」の初日前日会見が8日、東京都内で行われ、出演者の山崎育三郎、ユナク、古屋敬多、陣内孝則、演出家の宮本亜門氏が出席した。

 原作は、1994年に公開された3人のドラァグクイーン(女装パフォーマー)たちの珍道中を描いたオーストラリア映画。本公演は、2016年12月に初演された日本人キャスト版の再演となる。

 派手な舞台衣装で登場した山崎は「この衣装を着るとスッと『プリシラ』の世界に入っていける。スイッチになります」とにっこり。劇中では22着もの衣装を着るそうで「着替えるごとに自分の気持ちも変わります」と語った。

 役のために特別に行ったことを聞かれた陣内は「やっぱりムダ毛の処理かしら」と回答。「デリケートゾーンなんて大変。私たち水着になるのよ。はみ出しちゃいけないからね」とおちゃめに語り、笑わせた。

 一方、宮本氏は「ぶっちゃけると、再演があると思っていなかった」と明かしつつ、「前回は予想以上にお客さんがドカンドカンと沸いて異様な雰囲気だった。今回はさらに僕の愛情も詰め込んだので、すごい作品になっている。これは見ていただかないと」と自信たっぷりにコメントした。

 山崎は「約2年ぶりの上演ですが、確実に前回よりもパワーアップして帰ってきました。ほぼチケットが取れない状況ということでありがたいし、今一番チケットが取れないミュージカルなんじゃないでしょうか。その期待にも応えたいし、笑いあり涙ありで、衣装も音楽もゴージャス。こんなに振り幅の広いミュージカルはない。ぜひ劇場で体感して」とアピールした。

 舞台は9日~30日、都内・日生劇場で上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ