エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

櫻井翔、“宇宙番組”のナビゲーターに 「研究者の方々が宇宙と向き合う気持ち、知りたい」

和久田麻由子アナウンサー(左)と櫻井翔

 「NHKスペシャル『スペース・スペクタクル』」の第1弾「プロローグ はやぶさ2 新たなる挑戦」のスタジオ取材会が7日、東京都内で行われ、ナビゲーターを務めた嵐の櫻井翔と、和久田麻由子アナウンサーが出席した。

 最新科学をもとに“驚きに満ちた宇宙の姿”を描く同番組。第一弾となるプロローグは、2月22日に見事に着陸に成功した探査機「はやぶさ2」がテーマ。NHKでは、JAXAと共同開発した「SHV はやぶさ2可視化システム」によって、「はやぶさ2」から伝送された本物の飛行データを映像化、初着陸の全貌を描く。

 櫻井は今回の起用ついて、「驚いたし、光栄。僕も新たに知ることばかりですが、宇宙にそこまで興味のなかった人たちも宇宙の旅にいざなうことができたら」と意気込みを語った。

 宇宙にまつわる思いを聞かれると「小学3、4年のころ、『聖闘士星矢世代』だからか星座や星空を見るのが好きで、親に大きな天体望遠鏡がついている宿泊施設に連れて行ってもらったことがあるんです」と回想。「童心に帰るような気持ちで、宇宙の可能性を感じながら参加させていただいている。この先がすごく楽しみです」と声を弾ませた。宇宙に行ってみたいかどうか問われると、「行ってみたいというよりは、研究者の方々がどのような気持ちで宇宙と向き合っているか、それを深く知っていきたい」と語った。 

 番組の収録は「はやぶさ2」が到着した小惑星「リュウグウ」を精巧に再現したセットで実施。櫻井は「この101スタジオは、僕がデビューする前のJr.の時期に『アイドルオンステージ』という番組で、中学、高校のころ毎週通っていた場所。その青春が詰まった場所にこんなに大掛かりな宇宙のセットができているなんて」と目を丸くしていた。

 番組は17日午後9時からNHK総合で放送。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ