エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

平手友梨奈、初主演映画で「いい経験ができた」 監督絶賛「妥協を許さない緊張感」

(左から)アヤカ・ウィルソン、平手友梨奈、板垣瑞生

 映画『響-HIBIKI-』のBlu-ray&DVD発売記念上映イベントが行われ、主演の平手友梨奈(欅坂46)、板垣瑞生、アヤカ・ウィルソンと月川翔監督が登壇した。

 本作は、低迷する文学界に突如として現れた一人の天才女子高生小説家・鮎喰響(あくい・ひびき)を軸に、周囲の人々の心の葛藤や交錯を描いた人間ドラマ。

 映画公開から約半年が経過。主人公・響を演じた平手は、共演者らと久々に顔を合わせ「すごくうれしい。凛夏(アヤカ)は凛夏だし、涼太郎(板垣)は涼太郎だし…。すごく『響』だなって思います」と、撮影当時の思いを蘇らせた。板垣も「会うとこの2人からイジられる。それが懐かしいし、うれしい。うれしいと言ったらちょっと変。気持ち悪いかな?」とおどけてみせ。

 先日行われた「第42回日本アカデミー賞」授賞式では、本作での演技が認められ、新人俳優賞を受賞した平手。「まだ全然実感が湧いていませんが、すごくありがたいことだと受け取っています」と、改めて受賞の喜びを語った。

 イベント終盤には、同作に関するプロモーションを終えるキャストの3人に、月川監督から“卒業証書”が手渡されるサプライズも。月川監督は、「平手さんの妥協を許さない緊張感の中で、僕もモノ作りに臨めた。彼女と向き合う中で、僕の姿勢も正された。『仕方なくこうしました』という部分が全く無い作品ができたのは彼女のおかげ」と絶大な信頼を口にした。

 平手も「本当に監督とはもう話すことがないぐらいたくさんしゃべった。いろいろ意見も言い、すごくいい経験をさせていただきました」と感謝の気持ちを述べた。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ