エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

戸田恵梨香「初めて映画に出演した時…」 30年間で“一番の幸せ”感じた瞬間

 期間限定イベント「ランコム ハピネス サロン」発表会が6日、東京都内で行われ、女優の戸田恵梨香が出席した。

 パリの街をイメージした会場に、ピンクのロングドレス姿で登場した戸田。日本のランコム ミューズ2年目の就任が決定し、「うれしく思います。女性としての喜びや幸せを、より感じるようになりました」と自身の変化を明かした。

 イベントのコンセプト「ハピネス」になぞらえ、「一番幸せな時間」を尋ねられた戸田は、「家のテラスに出て、ゆっくりコーヒーなどを飲んでいる時間が好きですね。夜に星を眺めながらお茶をしているとすごくリラックスできます」と回答。

 「平成30年の間で一番幸せだと感じた瞬間」を聞かれると、「初めて映画に出演した時、自分の名前がスクリーンのエンドロールに出ているのを見て“私も仲間の一人になれたんだな”と実感が湧きました。役者としての気持ちを固めると同時に、気持ちが高まった瞬間。あの時は感動したし、その気持ちは持ち続けなければと思います」としみじみ振り返った。

 今後の挑戦については、「2019年から2020年頭にかけて朝ドラの撮影があるので、プライベートでのチャレンジはなかなかできないですが…」と、連続テレビ小説第101作「スカーレット」への出演に触れつつ「共演者の方とご飯を食べに行ったりして、コミュニケーションを大切にできたら」とにっこり。

 「私の周りの人たちはみんな幸せにしたい。一緒にお仕事をしてくれる人、一緒に御飯を食べてくれる人が自分自身の心の支えになっている。一緒に笑っていきたいなと思います」と声を弾ませた。

 「ランコム ハピネス サロン」は3月7日~10日、都内の六本木ヒルズのヒルズカフェで開催。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ