エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

高橋一生、14歳から「ロードバイク好き」 共演の川口春奈に“お薦めリスト”も紹介

高橋一生(左)と川口春奈

 映画『九月の恋と出会うまで』の号泣試写会が26日、東京都内で行われ、W主演の高橋一生と川口春奈が出席した。

 本作は、時空を超える一途な思いと切ない嘘に涙する、大人のラブストーリー。映画の内容にちなみ、「時を超えて自分に伝えたいこと」について尋ねられた高橋は「14歳の時の自分に、38歳になってもまだ自転車に乗っている、と伝えたい」と回答。「14歳のときに初めて前傾姿勢のロードバイクに乗って、全く同じ形のロードバイクに今も乗って仕事場に行っている。『まだ自転車に乗っている』と言って幻滅させてやろうかなと思って」とおちゃめに語った。ロードバイクの魅力については、「疾走感ですね。ほかの自転車だと得られない一体感がある」と力説した。

 高橋の“自転車好き”について川口は、「一生さんはとても詳しい。『私も自転車が欲しいのですが』と言ったら、ブワーッと教えてくれて…」と裏話を披露。川口は、高橋から“お薦め自転車”のリストを紹介してもらったというが、まだ購入はしていないといい、「考え中です」とほほ笑んだ。

 そんな川口は、同じ質問に「学生時代の自分に『もっと勉強しなさい』と言いたい」と回答。「勉強する時期に、ほぼ勉強していなかった。真面目に先生の話を聞いていたらもうちょっといい大人になれたかもしれない」と、過去の自分に対する後悔がある様子。これを聞いた高橋は「現場でもいろいろなことを吸収されている姿を見てきた。10年前に戻って反省なんてしなくていいんじゃないかな。十分でしょう」と優しくフォローしていた。

 映画は3月1日公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ