エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

水谷千重子、がん手術を受けた堀ちえみを激励 「常に明るい方、気力で乗り切ってほしい」

 主演を務める“友近の親友”の水谷千重子

 明治座「水谷千重子 50周年記念公演」初日舞台公開・囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の水谷千重子(友近)、原田龍二、尼神インター誠子、、田山涼成、春澪(宮迫博之)ほがが登場した。

 友近が扮(ふん)する演歌歌手・水谷千重子が明治座で初座長を務める本作は、お芝居ステージ「とんち尼将軍 一休ねえさん」と、歌のステージ「千重子オンステージ」の2部構成。

 初日公演を終えた水谷は「お客さんがすごくテンションが高くて、喜んでくださっていたので安心しました。皆さん最後まで乗ってくださって、幸せな時間でした」と手応えを語った。

 「“親友の友近さん”から言葉は掛けられた?」と聞かれると、「『常に何か新しいことをやりたいのね。アタシもいろいろ挑戦したいタイプだから、応援しているわ』なんて言っていました」と明かした。

 芝居ステージで花魁を演じる誠子は「いつもは『ブス』って言われているんですけど、田山さんも原田さんも、稽古場からずっと『かわいいね』って言ってくださるので、ずっとここにいたいです」と笑顔で語った。

 初日公演の感想を聞かれた原田は「そんなことよりも、僕は千重子先生のふくらはぎにやられちゃって。この足首の締まり具合いと血管がいいんです。ずっと暗闇でも追っ掛けています」と突如告白して、笑いを誘った。

 一方、この日舌がんの手術に臨んだ堀ちえみについて話題を向けられると、共演歴のある水谷は「常に明るい方ですし、家族や同期の方に愛情を注がれて、サポートしてもらいながら、気力で乗り切っていただきたいなと思います」とエールを送った。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ