エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

戸田恵梨香「子どもの『何で?』にハッとした」 「ごまかすことなく一生懸命向き合うことが大事」

学生たちを前に、撮影エピソードを語った戸田恵梨香

 映画『あの日のオルガン』未来の保育士試写イベントが19日、東京都内の日本大学藝術学部江古田キャンパスで行われ、出演者の戸田恵梨香、大原櫻子と平松恵美子監督が登壇した。

 本作は、太平洋戦争末期の日本で、子どもたちの命を守るために、日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保育士たちの姿を描いた真実の物語。

 主任保育士の板倉楓を演じた戸田は、学生から「子どもと接する中で一番大変だったこと」を聞かれると、「体力」と即答。「子どもたちは本当にすごくて、『抱っこ!』となったら、前から後ろから同時にくる。腰(の痛み)との戦いでした」と苦笑まじりに振り返った。

 また、撮影を通して、子どもたちから学ぶことも多かったという戸田。「なんで戦争なんてやるの?」「戦争なんかしなきゃいいのに」と純粋な瞳で問われ、「ハッとさせられることもあった」という。

 戸田は「子どもたちは何でも『なんで』『どうして?』と聞いてくるけど、それに対してごまかすことなく、一生懸命向き合うことが大事。そのためには慎重に接っしなければ、とも思いました」と話した。

 撮影に際し、6歳の頃に自身が経験した「阪神・淡路大震災のことをずっと思い返していた」と明かした戸田は「その当時の気持ちや、今大人になったからこそ考えることを(胸に)抱きながらこの作品に関わりました。大人も子どもも“命をつないでいくことが大事”というのは痛感しているところです」と熱く語った。

 映画は2月22日から新宿ピカデリーほか全国公開。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ