エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

神木隆之介が持つ特殊能力とは… DAIGO「奥さんと隆の苦しむ芝居を勉強した」

共演者から絶賛された神木隆之介

 映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎と三木孝浩監督が登壇した。

 この日は、劇中で神木が「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力を持った青年を演じたことにちなみ、登壇者が「神木の持つ特殊能力」について、それぞれ回答した。

 トップバッターの時任が「『輝く力』。普段の神木くんは至って普通なのに、カメラの前だとものすごく輝く」と明かすと、続く斉藤も「『一瞬で人の心に入ってくる能力』。人見知りが多い中、神木さんは最初から『仲良くなりましょう』『あなたのことを受け入れますよ』というのが全身からあふれていた。素晴らしかった」と褒めちぎった。

 絶賛の嵐に、神木は「僕は(この企画に)耐えられるんでしょうか…」と照れ笑い。DAIGOも「KSK」と得意の“DAI語”で書いたフリップを掲げ、「『苦しむ芝居が神』。この映画には隆(神木)の苦しむシーンがたくさん出てくるけど、その苦しみ方が半端ない。すごく自然だった」と振り返った。

 また「奥さん(北川景子)と2人で見たんですが、見た後に『隆の苦しむ芝居を勉強しよう』となり…。うちの奥さんが洗濯をしながら『うっ…』と苦しみ出すと、僕も『大丈夫?』って。そんなことをずっと繰り返していました」と明かして笑わせた。

 今回の撮影で神木とすっかり仲良くなったという志尊は「懐おばけ」と回答。初対面で神木から「淳~!」と呼んでもらったエピソードを明かし、「本当に人の懐に入る能力がすごい。誰からも好かれるのは隆ちゃんの才能」と熱弁した。

 ラストの有村は「SODFSDN」とまさかの“DAI語”を披露すると、その意味を「初対面でも/恐れることなく/誰とでも/フレンドリーに/接することが/できる/能力」と説明。これにはDAIGOも「完全に本家超えされました」と舌を巻いた。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ