エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

稲垣吾郎「今が一番幸せ」 “地味だった”中学時代を語る

「今が一番幸せ」と語った稲垣吾郎

 映画『半世界』舞台あいさつ中継付き先行上映が14日、東京都内で行われ、出演者の稲垣吾郎、池脇千鶴、渋川清彦と阪本順治監督が登壇した。

 本作は、地方都市を舞台に、39歳の男3人の視点を通じ「残りの人生をどう生きるか」という葛藤や、家族や友人との絆を描いたヒューマンドラマ。

 主人公の炭焼き職人・紘を演じた稲垣は、独立後、映画の主演は初。「もっと映画に出たいとちょうど思っていたところ。俳優としても45歳になり、これからしかできない役もあると思うので楽しみ」と声を弾ませた。

 映画のキャッチフレーズにちなみ「自分の思い描いていた人生か?」と聞かれると、「14歳からこの世界でお仕事をしてきたけれど、まさかこの歳になるまでやっているとは思っていなかった。『幸せか?』と聞かれたら、今が一番幸せだと思う」と笑顔を見せた。

 また、稲垣は中学時代のエピソードを披露。「僕は唯一学年で一人、部活をやっていなかった。人と交われなくて全く友達もいなかった。そんな自分がまさかこうやってたくさんの方に囲まれて、スクリーンにデカデカと映るような存在になるとは…」としみじみ。

 さらに、「中学3年の時に初めて雑誌に出たときもみんなびっくりしていた。同じ学年にもう一人『稲垣』ってモテる男の子がいて、みんなそっちだろうと思ったらしくて」と苦笑交じりに振り返った。

 当時はバレンタインに縁がなかったという稲垣だが、「中学1年の時に1回だけ姉のお友達にもらいました。結構ときめいた記憶があります」と明かし、最後は妻役を演じた池脇に「本気チョコを待ってます!」とおねだりして笑わせた。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ