エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

高杉真宙、「モナコ国際映画祭」 トロフィーに笑顔! 土産話にはモヤモヤ…

歯科技工士を演じた高杉真宙

 映画『笑顔の向こうに』完成披露上映会が7日、東京都内で行われ、高杉真宙、安田聖愛、佐藤藍子、ayanonono、藤田朋子、榎本二郎監督が出席した。

 本作は、日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地(高杉)ら若者たちの成長を描いた青春映画。モナコ国際映画祭では、最優秀作品賞(エンジェルピースアワード)と、大地が義歯を提供する患者として出演する丹古母鬼馬二が助演男優賞をダブル受賞する快挙を果たした。

 医療関係の作品に初めて携わった高杉は、本作を通して歯科技工士という職業を初めて知ったそうで、「動画やネットで調べたり、空き時間にひたすら練習をしましたが、黙々とする作業は嫌いではないので、楽しくやらせていただきました」と笑顔を見せた。大地の幼なじみで歯科衛生士・真夏役を演じた安田は、姉が現役の歯科衛生士のため、「歯医者さんに見学に行かせてもらったり、歯科衛生士の友達を集めてもらって話を聞いたりしました」と、高杉とは相反する役作りを明かした。

 モナコ国際映画祭には、安田、榎本監督ら数名が参加。高杉は主演ながら舞台公演があったため欠席したが、「トロフィーを持たせていただいて実感しました。映画が始まる前にいいスタートを切れたと思いました」と喜んだ。

 しかし、安田が「モナコはとっても楽しかったです!」と自慢げに話すと、高杉は「俺も舞台楽しかったよ!」と悔しそうに対抗。さらに、榎本監督が「モナコはカジノが素敵と聞いて、阿部祐二さんと行ったんですよ。そしたら、すごい勝ちまくっていたから、ここで運を使い尽くすと賞を取れないんじゃないかと思ったけど、賞を取って…」と舞台裏を楽しそうに打ち明けると、高杉は「大丈夫ですか?その話…」と苦笑い。そんな高杉をよそに、監督は「結局カジノも勝って、賞も得て大満足でした」と頬を緩め、会場の笑いを誘っていた。

 映画は2月15日から全国公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ