エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

海老蔵、六本木歌舞伎で三宅健と初共演 「第一印象は、モテるんだろうな」

三宅健(左)と市川海老蔵

 六本木歌舞伎「羅生門」の制作発表が4日、東京都内で行われ、出演者の市川海老蔵、三宅健(V6)、演出の三池崇史監督が出席した。

 本作は、海老蔵と三池監督が新たな歌舞伎の創造を目指し、タッグを組んだ、2015年の「地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)」、17年の「座頭市」に続く第3弾。

 海老蔵は「第1回、第2回があって今日を迎えられている。芥川龍之介の『羅生門』は黒澤明監督のイメージがあるが、エゴイズムをテーマとして、今回はどんな変化が起こるか。気づきのある稽古の時間を過ごし、具現化していきたい」と、5日から始まる稽古に意欲を見せた。

 現状では、老婆など、四役が予定されており、その中には「市川海老蔵」役もあるという。「私が普段、どのように見られているかも分からないのでこれが難しい。そこに精力を注ごうと思っています」と冗談めかした。

 一方、下人役の三宅は、歌舞伎初挑戦。「まさか人生において歌舞伎に出演するとは考えもしなかった。小さい頃から稽古を始め、修練されてきた海老蔵さんと同じ舞台に立つなんて、生涯に一度あるかないかだと思う」と緊張の面持ちで話した。

 それでも「最初で最後のつもりで、捨て身で挑みたい。ジャニーズのファンが、歌舞伎に触れてもらえる機会が増えればすてきですね」と語った。

 そんな三宅に対し、海老蔵が「(V6が)デビューされたときに、最も格好いいと思ったのは三宅さん。モテるんだろうなというのが第一印象」と持ち上げた。

 そして「三宅さんのファンが歌舞伎を見るわけだから、基本、三宅さんだけを見ていればいい。それで歌舞伎に興味を持ってもらえれば」と観劇法を指南した。

 三宅は「いやいやいや、駄目ですよ。海老蔵さんを見なきゃ」と照れることしきり。さらに「鍵になる役で、何者なのか分からないというのは、右も左も分からない今の自分の境遇に似ている。海老蔵さんの多大なる力をお借りして、どうにか初日を迎えられたら」と話した。

 また、三宅は2020年いっぱいでの活動休止を発表した嵐について「会見を見ましたけど、ファンにどう思いを伝えようかというのが伝わってきた。また、衣装も(メンバーそれぞれのイメージの)色を使い合うスタイリングで、そこにも彼らのメッセージが込められているように感じました」と見解を述べた。嵐のメンバーと親交がある海老蔵も「寂しいと思うしかないですよね」と語った。

 公演は、2月22日~3月10日、都内・EXシアター六本木で行われ、その後、大阪、札幌公演も予定されている。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ