エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

池井戸潤「萬斎さんは小説を読んでいないに違いない」 香川照之「萬斎さんに安心して寝ていただけるように頑張りました」

野村萬斎(左)と香川照之

 映画『七つの会議』公開初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の野村萬斎、香川照之、及川光博、片岡愛之助、朝倉あき、吉田羊、北大路欣也、福澤克雄監督が登場した。

 本作は、池井戸潤氏の同名小説を映画化。物語の舞台は「結果が全て」という中堅メーカー。社内で起きたパワハラ騒動をきっかけに、そこに隠された謎が、社員たちの人生と会社の存在を揺るがすことになる。

 公開初日を迎え、萬斎は「“正義とは何か?”と、大きなものを扱っている気がします。個人のつながりではなくて、もっと大きな日本の企業のあり方を含めた問題提起にもなったんじゃないかと感じております」と語った。

 モーレツ管理職の北川を演じた香川は、ぐうたらで眠ってばかりの社員・八角を演じた萬斎との数々の対決シーンについて、「ご存じのように、萬斎さんはただ寝ているだけなので。これは僕がやらなきゃしょうがないということで、萬斎さんに安心して寝ていただけるように頑張りました」と振り返った。

 イベントでは、池井戸氏からの手紙がサプライズで読み上げられた。「映画の八角の姿は、原作のイメージとかけ離れたもので、きっと萬斎さんは小説を読んでいないに違いないと勝手に決めつけておりました。ところが、先日、萬斎さんとの対談で、原作をしっかり読み込んで撮影に臨まれたと伺い、本当に驚きました。原作の役柄を知った上で、あの八角像を作られたのは天賦の才能以外の何ものでもありません」と絶賛。

 その言葉に、萬斎は「お褒めの言葉を頂戴して恐縮至極でございます」と述べた。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ