エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

高橋一生、戻りたい過去について意味深発言 「すごく声を掛けたい人がいる」

高橋一生(左)と川口春奈

 映画『九月の恋と出会うまで』の完成披露イベントが30日、都内の乃木神社で行われ、W主演の高橋一生と川口春奈が出席した。

 本作は、“書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説”第1位に選ばれた松尾由美氏の同名小説を映画化。時空を超える一途な思いと切ない嘘に涙する、大人のラブストーリーを描く。

 初共演の川口の印象を聞かれた高橋は「すごくチャーミングでコミカルな方。僕が勝手に抱いていた像が、いい意味で毎日の撮影で崩れていきました」と笑顔。川口も高橋に対し、「とにかく優しい。イメージそのまま。『これってどういう意味なんですかね?』と聞くと、たくさん教えてくれる。優しいお兄さんで、いつも相手をしてもらっています」と厚い信頼を口にした。

 映画にちなみ、「大切な人のためについたうそ」についての質問も。高橋は「うそはついてばっかりだと思いますよ。人のため…というのも変ですが、日常的なことです」とあっさり回答。具体的には「『嫌だな』と思うことも、『嫌だな』と言わないとか。そういううそは大事だと思います」と持論を展開した。

 また“時空を超えた物語”にちなみ「戻れるならいつに戻りたい?」と聞かれると、高橋は「2、3年ぐらい前に戻りたいですね。戻って、とっても声を掛けたい人がいます。もしかしたら自分かもしれませんし…」と意味深にほほ笑みながらコメント。川口は「特に、戻らなくても…大丈夫です」と清々しく語った。

 一方「未来に行きたいか?」と聞かれると、川口は「行けるなら行ってみたい。自分がどうなっているか見たい」と回答。しかし、高橋の「僕は行きたくない。知っちゃったら面白くなくなりそうなので」と気乗りしない様子に、「じゃあ、行かない」とおちゃめに前言撤回した。

 映画は3月1日から公開。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ