エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中川大志“細杉役”大好評で「ちょっと複雑」 「今までのどんなお仕事よりも褒められる」

 中川大志(左)と松本穂香

 「au高杉くんシリーズ新CM発表会」が29日、東京都内で行われ、出演者の中川大志、松本穂香ほかが出席した。

 auのCMで、とにかくいろんなことに細かすぎる「細杉(こますぎ)くん」を演じている中川は、CMと同じロングヘアーに眼鏡を掛けて登場した。

 中川は「この格好でイベントに登場するのは初めて。妙なそわそわ感がある」と緊張気味ながらも、司会者からサラサラの髪の毛を褒められると、「このために昨晩、しっかりトリートメントをしてきたので」と返して笑わせた。

 夏に、神木隆之介演じる「高杉くん」と松本演じる「松本さん」の学校に転校してきた「細杉くん」役としてCMに“途中参加“した中川。

 「細杉役は、今までのどんなお仕事よりも一番好評をいただいておりましてちょっと複雑。他の映画やドラマでは褒められたことはないのに、この役に関してはすごく褒めてもらうことが多い」と苦笑交じりに明かした。

 続けて「自分にとっての代表作だと思っている。ますます気を引き締めて、細かく細杉くんをやっていきたい」と言葉に力を込めた。

 新CM「ドラム」篇では、華麗にドラムを演奏する姿も披露している「細杉くん」。中川は「とにかく髪を振り乱して、細杉の新たな一面を出せたらと思い演じました」と語った。

 松本が「細杉くんは運動もすごくアレ(苦手)なので、いいギャップがありましたね」と絶賛すると、中川は「これをきっかけに細杉に落ちる女性も多いんじゃないかな。ギャップ萌えですね」とほほ笑んだ。

 会場では、中川が実際に電子ドラムを披露することに。

 中川は「CMでは半分ぐらいCGでやったので(実力が)バレてしまう」と冗談を飛ばしつつ、見事なスティックさばきで観客を魅了。松本も「さすが細杉くんです」とうっとりした様子だった。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ