エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

ハンギョン、山下智久の“陰の努力”に驚き 山下「気味悪い感じを出すために体毛をそった」

山下智久(左)とハンギョン

 映画『サイバー・ミッション』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者のハンギョンと山下智久が登壇した。

 本作は、オタク系プログラマーのハオミン(ハンギョン)が、史上最悪のサイバーテロを阻止するため奮闘する姿を描く。山下は初の海外作品への出演で、初の悪役となるサイバーテロリストのモリタケシ役を演じた。

 役作りについて聞かれた山下は「悪役ということで心情を理解するのは難しかったので、体重を6キロ減量しました」と語った。

 続けて「少しでも気味の悪い感じを出せないかなと、体毛をそったり、見えない努力をしました。本編には映っていませんが、気持ちを少しでも整えるために、なるべく気味の悪い行動を取ってみようと思ったんです」と明かし、これにはハンギョンも「僕も知らなかった。本当に?」と驚いた様子だった。

 司会者から「全身(の毛)をそったんですか?」と追及された山下は、「そういうことにしておきます。本当にスベスベでした」と振り返りながら、「次(の話題)にいきましょうか!」と、照れ笑い。ほかにも「日本の友達となるべく連絡を取らないようにして、孤独を作り出してみました」などと明かした。

 ハンギョンは、そんな山下について「最初は口数の少ないクールな人だと思っていたけど、それがだんだん優しいイメージに変わり、マレーシアの撮影でたくさん話し、そこからいい友達になりました」と語った。

 山下は「海外撮影が約1カ月。その間に(ハンギョンが)僕を気遣ってくれて、男3人で一緒にジムに行ったりした。トレーナーさんに『きょうはみんな上を脱げ』と言われ、裸でトレーニングをしたりと、ワイルドな経験ができて楽しかった」とエピソードを披露した。

 英語と中国語のせりふに苦労したという山下だが「大学時代に中国語を少し勉強していて、いつか中国のエンターテインメントに携わることができればと思っていたのでうれしかった」と語った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ