エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

エミリー・ブラント、名作挑戦への思い 「自分なりのメリー・ポピンズ像を…」

初来日を果たしたエミリー・ブラント

 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』ジャパンプレミアが23日、東京都内で行われ、主演のエミリー・ブラント、日本語吹き替え版声優を務めた平原綾香と谷原章介が登壇した。

 1964年公開のディズニー映画『メリー・ポピンズ』の20年後を描いた物語。母を亡くし、ピンチに陥ったバンクス家を救うために、ミステリアスで美しい魔法使いのメリー・ポピンズが、再び空から舞い降りる。

 初来日のエミリーは約300人のファンを前に、「温かい歓迎に感謝しています。実は日本食が一番大好き。今は最高の時間を過ごしています」とあいさつした。「もし自分がメリー・ポピンズになれたらどんな魔法を使いたい?」と聞かれると「(劇中同様に)家のバスタブにイルカを登場させたいわ」とにっこり。一方の谷原が、「僕には6人子どもがいるのですが、結構やんちゃなのでメリー・ポピンズにしつけをしてもらいたい」と希望すると、エミリーは「6人も!? それはメリー・ポピンズが必要ね!すてきなお父様だけど、ちょっと優し過ぎるんじゃない?」と驚いていた。

 役を演じる上ではダンスに苦労したそうで、「9週間のトレーニングを行ってから撮影に臨みました」とエミリー。さらに「一番の挑戦は自分なりのメリー・ポピンズ像を作る勇気を持つこと。素晴らしい女優さん(前作の主演ジュリー・アンドリュース)がアイコンと呼べるようなキャラクターを作り上げたので、その後に続く自分が、いかに自分なりのメリー・ポピンズ像を作れるかが大事でした」と、名作に挑むプレッシャーがあったことも明かした。

 また「自身とメリー・ポピンズの共通点は?」と聞かれると「空を飛べるところでしょうか。ええ、私は空を飛べるの。ただちょっと日本酒をいただかないと飛べませんが」とおちゃめに答えていた。

 映画は2月1日から公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ