エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

佐藤健、念願の海外監督との初仕事 「まさかこんなことになるとは」

主演の佐藤健

 映画『サムライマラソン』の完成披露イベントが21日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜とバーナード・ローズ監督が登壇した。

 本作は『ラストエンペラー』などで知られるジェレミー・トーマス氏がプロデュースし、英国人のローズ監督がメガホンを取った異色時代劇。

 主演の佐藤は「海外の方と仕事をしたいとずっと思っていたので、このチャンスを逃したくないと思った」と明かした。

 ところが、続けて「でもまさか、こんなことになるとは…」と苦笑い。その理由はテストを一切行わないローズ監督の演出法にあり「台本は気にするな。せりふも言いたくなかったら言わなくてもいい、という感じだったので、僕はしゃべらなかった。動きで見せられるようにした。過去に経験した常識が一切通用しない現場だった」と振り返った。

 ヒロイン役のの小松は「殺陣を撮影の1カ月前から練って、見せどころだと思っていたのにバッサリ切られた。『え~っ、あんなに練習したのに』と思ってショックだった」と不満げ。

 染谷は「初日にスタンバイをして立って待っていたら、『もう、撮ったよ』と言われた。何も仕事していませんよ」と照れくさそうに語った。

 そんな中、森山が「監督のパッションに引っ張られ、全員が一丸となってセッションをした。それぞれのアプローチがあり、さまざまな選択があった多様な現場だった」と総括気味に説明。

 竹中に至っては「静かな芝居をすると、『もっと(テンションを)上げてくれ』と言われるので、興奮で毎日ドキドキしていた。バーナード、最高」とご機嫌だった。

 ローズ監督は「最高のキャストに恵まれて、日本で作品を作れたことは自分の映画の歴史において最もインスピレーションを受けた経験だった」と満足げな表情を浮かべた。これを受けて佐藤も「新時代の時代劇は提示できたのかな」と自信をうかがわせた。

 映画は2月22日からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ