エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中尾彬、市原悦子さんとの思い出を語る 「温かい肉まんみたいな人」

中尾彬・池波志乃夫妻

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れを告げた。

 葬儀後、囲み取材に応じたベンガルは「急だったので本当に驚いた。病状とか知らなかったので、またご一緒できるかなと思っていた。本当に残念です」と語った。

 「どのような女優さんだった?」と聞かれると、「鬼気迫る演技で。とにかく(自分は)下手はできないなと、いつも緊張して、現場でも、なるべく市原さんの声が聞こえる所にいて、いろいろ勉強させていただいた。怒られたことはない。現場は楽しく。ただ、やっぱり大女優なので、僕はいつも怖いなと思って結構ビビっていました」と苦笑した。

 また、ベンガルは「演出家の旦那さん(2014年に亡くなった塩見哲氏)といると、すごく素直に聞いていらっしゃるので、そういう姿もかわいらしくて。でも、優しく声を出しても、その奥にすごく強いものを感じるので、やっぱり僕は悦子さんは怖いなという思いがありました」と明かした。

 一方、中尾は「(出会って)50年かな。会うと一番楽しい人。悦っちゃんは、何も言わなくても分かってくれる」と振り返った。

 また、市原さんを「温かい肉まんみたいな人」と表現。その意味を問われると、「分かんない? 何かそんな気がします。割ってみたら肉かあんか分からない。温かい方で色白でね」と語った。

 2時間ドラマで何度も共演した池波は「明るいのだけどはっきりしていて、ちょっと色っぽくて、ちょっとみだらな感じをわざと出す。普段もあのしゃべり方があまり変わらず、いつせりふに入ったのか分からないみたいなことが多くて、すごいなって。不思議なリアリティーのある方でした」と故人をしのんだ。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ