エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

野村萬斎、香川照之の芝居に感銘 「これぐらいのテンションでくるのか!」

撮影を振り返った(左から)藤森慎吾、及川光博、野村萬斎、香川照之、北大路欣也

 映画『七つの会議』の完成報告会見が16日、東京都内で行われ、出演者の野村萬斎、香川照之、及川光博、音尾琢真、藤森慎吾、朝倉あき、吉田羊、世良公則、鹿賀丈史、北大路欣也と福澤克雄監督が登壇した。

 本作は、池井戸潤氏の同名小説を映画化したサスペンス。物語の舞台、中堅メーカーの社内で起きたパワハラ騒動をきっかけに、そこに隠された謎があぶり出され、会社の存在が大きく揺らいでいく。

 「居眠りハッカク」と呼ばれる“ぐうたら社員”八角民夫を演じた萬斎は、「サラリーマン役がやっと回ってきた!という喜びも束の間、なんだ、ぐうたら社員か…と。僕自身結構ぐうたらなので、役に入りやすかったです」と苦笑しながら振り返った。

 結果第一主義のモーレツ管理職役を演じるのが香川。萬斎は「僕は福澤組では新参者ですが、これぐらいのテンションでくるのかと、香川さんには身を切って演じる良い手本を示してもらった。それ以降の僕の身の振り方もあれで決まった」と福澤組常連の香川に感謝の気持ちを伝えた。

 そんな香川は、「萬斎さんは自分のことを“ぐうたら”と言っているけど、常に姿勢が良くいらっしゃる。若い頃からこの姿勢なのでしょう。萬斎さんにとって一番キツい姿勢はグゥ~という(居眠りの)姿勢だったのでは? あれをやった翌日は全身が筋肉痛だったんじゃないかな」と笑わせた。

 また香川は「福澤監督はスピードが好きな方なので、僕はせりふを(相手に)かぶせることを心掛けていた」とこだわりを披露。及川が「僕のせりふがあと2行残っているのに言わせてもらえなかった」と嘆くと、香川は、「同時に言うのが好き。客は何を言ってるかわからないけど、けんかしているのは伝わる。そうすると5ページぐらいの台本が3ページくらいに縮まるでしょ」とニヤリとしていた。

 映画は2月1日から公開。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ