エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

横浜流星「反抗期長かった」 親のありがたみ「一人暮らしで実感」

親への感謝を語った横浜流星

 映画『愛唄-約束のナクヒト-』の親子試写会が16日、東京都内で行われ、出演者の横浜流星、飯島寛騎、財前直見、富田靖子と川村泰祐監督が登壇した。

 本作は、GReeeeNの名曲「愛唄」をモチーフに送る青春ラブストーリー。劇中で描かれた“親子愛”にちなみ、この日はキャスト陣がステージ上で自身の幼少期や青春時代の写真を公開した。

 横浜は、幼稚園の頃の写真を掲げ、「すごくやんちゃでした。1歳下の弟が大好き過ぎて、母が洗濯を干している間に弟を外に連れ出して迷子になったり、遊びに夢中になり過ぎて家の窓ガラスを壊したりと、迷惑を掛けてばかりいました」と当時の様子を振り返った。また、「結構反抗期が長かったのですが、一人暮らしをして親のありがたみを実感しました」と横浜。「この作品を通して、より親を大切にしなければいけないと思い、『ありがとう』と伝えました。年末年始に帰省した際も、仕事の前日まで実家にいて、家族との時間を大切にしていました」と明かした。

 飯島は、3歳のときに父親にバイクに乗せてもらった写真を公開。「いろいろな所に連れて行ってもらいました。学生時代は進路のことでもめる時期があり、イライラしたりもしたけど、成人を超えてから親の言うことが正しいと分かるようになった。たまに実家に帰る時は、ビールなどを持っていくようにしています」と語り、笑顔を見せた。

 富田は、映画デビューした中学3年当時の写真を披露。「受験真っただ中。親も心配していただろうに、送り出してくれたことに感謝。いまだに頭が上がらないし、親の前ではただの甘ったれの子どもです。自分の子どもも間もなくこの年齢に到達すると思うと、そろそろ心の準備をせねば…と思っています」と苦笑した。

 なお、登壇予定だった清原果耶はインフルエンザのため欠席した。

 映画は25日から公開。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ