エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

早乙女太一、初の花魁姿での芝居 喜矢武豊「ものすごいエロい声」

音楽活劇「SHIRANAMI」の囲み取材に登壇した出演者たち

 音楽活劇「SHIRANAMI」公開稽古&囲み取材が11日、東京都内で行われ、出演者の早乙女太一、龍真咲、伊礼彼方、喜矢武豊ほかが登壇した。

 本作は、歌舞伎の演目「弁天娘女男白浪」で有名な原作「青砥稿花紅彩画」を原案に、音楽活劇として大胆にアレンジした舞台劇で、幕末の動乱を駆け抜けた5人の盗っ人たちの生きざまを描く。

 早乙女が演じる弁天小僧菊之助は、女性にも化ける美男子という設定のキャラクター。劇中では華麗な花魁姿も披露する。

 早乙女は「(共演者たちは) 個性がバラバラで、こんなに(ジャンルが)違う人とやる機会はあんまりないので楽しいです」と思いを語った。

 さらに「あまり女形でお芝居をしたことがなくて、花魁でせりふを発するのも今回が初めてなんです」と意外な事実を明かしたが、喜矢武は「初めてなのにものすごいエロい声出すね」と驚きを隠せない様子。龍も「日々美しくなっていかれる」と絶賛した。

 一方、龍は見目麗しい美少年・赤星十三郎と南郷力丸の婚約者・小夜という男女二役を演じる。宝塚歌劇団を退団後、2年ぶりの男装姿となるが、「懐かしいです。本物の男の人の中で、自分が男を演じるのはどうなんだろうって思ったのですが、よくよくかみ砕いていくと、すごく難しいところはありませんでした」と頼もしい言葉を吐いた。

 また「音楽活劇ということで、基本的に、僕は音楽に関わりたくないんで、『また音楽か』って思った」と冗談めかして会場の笑いをとった喜矢武は、時代劇にジャズを取り入れた本作について「ジャズがかかる舞台を、僕はあまり見たことがなかったので面白い試みだと思っています」と語った。

 舞台は29日まで都内・新国立劇場で上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ