エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

高橋一生が“天才的塾講師”を熱演 「本当に大変な職業」

天才的塾講師を演じた高橋一生

 NHK土曜ドラマ「みかづき」の試写会が11日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生と永作博美が出席した。

 ドラマは、昭和から平成に至る日本社会の変遷を背景に、天才的講師とカリスマ的経営者の出会いが生んだ、ある塾と家族の半世紀を描いた物語。

 高橋が演じるのは、小学校の用務員だったが、放課後に勉強を教えて評判になり、千明(永作)に塾経営のパートナーとして目を付けられる大島吾郎役。

 永作と共に20代から70代までを演じた高橋は、役作りについて聞かれると「あまり意識していないです。白髪にしたり、身体的に負荷をかけてスローに動いたり、前傾姿勢にしたりはしましたが、外側のエフェクトで、自分をだましだまし、説得させながらやってきた感じ。そこまで苦労もなくスムーズにやれた気がします」と笑顔で振り返った。

 一方、永作は「千明さんがものすごくエネルギッシュな人だったので正直、そのエネルギーに引っ張られた感じ。あとは、目の前に扮装した一生さんがいるので、そこ(現場)にいけば時代が分かる。周りが空気を作ってくれた感じです」と語った。

 撮影前には、塾講師たちに話を聞く機会もあったという。改めて教育に携わる人たちへの思いを問われた高橋は「本当に大変なお仕事だと思う。子どもが大人に成長していくには長いスパンがあり、一点集中で見てしまうと、すぐに(教育が)何かに反映されていないんじゃないか、と思いがちですが…。僕は弟が4人いるのですが、そのときの教育によってどれだけ根幹の性格みたいなものが位置づけられてしまうか、というものをすごく肌で感じてきたので」と語った。

 先日、女優・森川葵との破局が一部で報じられた高橋。去り際に報道陣から破局についての質問を受けると、コメントはしなかったが笑顔で会釈しながらその場を後にした。

 ドラマはNHK総合で26日、午後9時から毎週土曜に放送。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ