エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

木村拓哉、ホテルに転職するなら“料理人” 「自分たちの作業に似ている」

ホテルに転職するなら「厨房に立ちたい」と語った木村拓哉

 映画『マスカレード・ホテル』の試写会が9日、東京都内のロイヤルパークホテルで行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみが登壇した。

 本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事(木村)と、その刑事と共に事件の真相に迫る一流ホテルマン(長澤)の奮闘を描いたミステリー。

 この日は、原作の舞台にもなった同ホテルで働く“現役ホテルマン100人”が本作を鑑賞。上映後のイベントに登場した木村は、「一番ハードルが高いお客さんだと思います。皆さん本物ですから…」と恐れ入った面持ちであいさつし、笑いを誘った。

 質問コーナーで、現役ホテルマンから「万が一、ホテルに転職するようなことがあれば、どのような仕事をしたいか?」と聞かれた木村は、「僕は厨房に立ちたいです」と回答。「直接(お客様と)コミュニケーションを取るわけではないけど、自分たちの作業と似ている。物をつくってそれをお客様に吟味してもらうというのが僕らの日頃の仕事なので」と理由を述べた。一方の長澤は「ベルボーイはちょっと寒そうなので私は客室係がいいなと思います」と答えていた。

 さらに「プロの俳優として譲れないこだわり」を尋ねられた木村は、「実際にその立場で働かれている皆さんに失礼のないように。それが自分が最初に置くハードルです。何をやるにしても、実際に世の中でその立場に立っている人たちに、『いや、そんなことしねーよ』と思われることはしたくないので…」とさまざまな職業を演じてきた木村ならではのコメントを寄せた。

 対する長澤は「こだわりがないのがこだわり。天気など、撮影環境が常に変わるので“自分がこうでないと何かができない”という決めごとを作ってしまうと自分のベストを尽くせなくなる。周りに惑わされない集中力を大切にしいます」と凛々しい表情で語った。

 映画は1月18日から公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ