エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

神木隆之介、有村架純との“バックハグ”に苦戦 「首を絞めているみたいに…」

本格的なラブストーリーに初挑戦した神木隆之介

 映画『フォルトゥナの瞳』の舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎と三木孝浩監督が登壇した。

 本作は、「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力を持った主人公の青年(神木)が、最愛の女性(有村)の死の運命を知ってしまい、命を懸けた究極の選択を迫られる物語。

 神木は、本格的なラブストーリーは初めて。「ついに、来たか…という感じ。挑戦したことがなかったので不安もありましたが、これは頑張るしかないと気合が入りました」と笑顔で話した。

 一方、神木との共演が4度目となる有村は「きょうだいや、義理の姉役などいろいろな役を経てきて、今回は恋人役。ちょっと照れくさい部分もあったけど、違う役で再会できるのがこの仕事の面白いところですね」とにっこり。また、「過去のインタビューで、『神木くんのラブストーリーが見てみたい』と答えたことがあったのですが、そしたら相手役が私…。言霊ってあるんだな、ってすごくびっくりしました」とエピソードも語った。

 神木は、工場で働く役を演じるに当たり、撮影前に「作業着が似合うようにジムで体を鍛えた」という。観客の視線が集まると、「今は“いつもの神木”に戻りましたが、(劇中には)ちょっと“強化された神木”が出てきます」とおちゃめに笑い、有村も「(撮影中は)背中が大きく見えました」と神木の努力をたたえた。

 そんな神木は、有村を後ろから抱きしめるシーンの撮影で苦労したエピソードを披露。「見ての通り身長が同じぐらいなので、すごく苦労しました。首を絞めているみたいになっちゃって…」と苦笑いしていた。

 映画は2月15日から全国公開。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ