エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中島健人、島崎遥香から駄目出しされる “甘い演出”受けず「セクシー・ソーリー」

 映画『ニセコイ』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ、池間夏海、島崎遥香、岸優太(King&Prince)、DAIGOほかが登場した。

 本作は、やくざとギャングの抗争を止めるために、強制的に“偽物の恋人=ニセコイ”を演じることになった互いの組織の2代目、一条楽(中島)と桐崎千棘(中条)の姿を描いた恋愛コメディー。

 「理想の妄想デート」を尋ねられた中島は、「クリスマスツリーの飾り付けデートをしたい。できれば近い距離で2人の時間を過ごしたいので」と答えた。

 続けて「最後、(トップに飾る)星がない。俺が『星がないわ。やべえ、買い忘れちゃった』となるのですが…」と細かい設定を説明した中島は、胸ポケットから星形のネックレスを取り出すと、「『今日はちょっと違う星を用意したから、この星を君に飾り付けしてもいい?』と聞きます」と甘いプランを実演した。

 この演出に、ファンからは黄色い悲鳴と失笑が漏れたが、中島は「笑ってるやつ、一対一になったら絶対(俺に)ほれるからな!」と自信満々だった。

 そんな中島のプランに、中条は「そりゃもう(女子は)飾られたい。ケンティーの星になりたい」と賛同したが、島崎は「私、星のネックレスを持ってくる人やだ。なんかすごく引いた…」と厳しく駄目出し。中島は「改めて言いたい。セクシー・ソーリー」と力なく謝罪し、笑いを誘った。

 一方、DAIGOは、理想のデートを聞かれると「僕はやっぱり既婚者ですから、分かりやすく言うと『OSN』ですかね。奥さんと、スマホを落とさずに、『ニセコイ』を見る」と、妻で女優の北川景子の出演作を絡めた“DAI語”を披露し、会場を盛り上げた。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ