エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

カズレーザー、年賀状を送りたいのは同居の… 「いま一番お世話になっている」

 (左から)安藤なつ、みちょぱ、カズレーザー

 進化系年賀状体験イベント「POSTUDIO」のプレスプレビューが20日、東京都内で開催され、ゲストとしてお笑いコンビのメイプル超合金(カズレーザー、安藤なつ)、タレントの“みちょぱ”こと池田美優が出席した。

 日本郵便は、平成最後の年末に、自由な発想で自分らしい年賀状づくりが楽しめる進化系体験イベント「POSTUDIO」を、22、23日の2日間、銀座「G735 Gallery」で開催する。

 「今年は誰に年賀状を出したいか?」と尋ねられたカズレーザーは「やはりお世話になった方に送るのが礼儀なので、いま一緒に住んで一番お世話になっているトレンディエンジェルのたかしに送ります。ちゃんと投函して郵政を通じて渡す。それが新年一発目のサプライズです」と笑わせた。

 一方の安藤は、「今まで出さなかった人、相方に出したい」とカズレーザーを挙げた。「住所は教えてない」というカズレーザーに対し、安藤が「なのでトレエンのたかしさんに聞いて送ります」と“切ない計画”を明かすも、カズレーザーは「『東京都中野区、赤い人』だけでも届きそうだけどね」とあっけらかんと語っていた。

 年の瀬とあり、今年1年を振り返った3人。カズレーザーは「例年通りの現状維持。何の変化もない。再放送の1年。最高ですね」とニヤリ。来年についても「欲はない。“気づいたらあいついるな”みたいなポジションがいい」と明かした。

 一方、MCアシスタントなど、今年活動の幅が広がったみちょぱは、「若者枠はどんどん入れ替わっていくので、ここで終わらせないように頑張ります。つぶしたい若手? それはいませんが、負けねえぞ、という人はいます」と苦笑交じりに本音を漏らしていた。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ