エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

柏木由紀「さっしーと、最後のステージを頑張る」 「レコード大賞」会見に欅坂、乃木坂らと共に登場

「第60回 輝く!日本レコード大賞」受賞者の面々

 「第60回 輝く!日本レコード大賞」の記者会見が17日、東京都内で行われ、「優秀作品賞」のAKB48、欅坂46、乃木坂46、DA PUMP、三浦大知、三山ひろし、「新人賞」のSTU48、「作曲家協会推奨」の純烈ほかが登場した。

 昨年「日本レコード大賞」を受賞した乃木坂46の白石麻衣は「去年は私たちも本当にびっくりして、すごく緊張したステージでした。今年の『シンクロニシティ』という楽曲も、私たちにとって大事な1曲なので、チーム一丸となって頑張ります」と、2連覇に懸ける思いを語った。

 欅坂46の菅井友香は「すてきな賞を受賞させていただき、ありがとうございます。昨年、先輩(乃木坂46)が大賞を受賞して、涙を流して喜んでる姿にすごく憧れたので、私たちも精いっぱいパフォーマンスができればと思います」と語った。

 AKB48の向井地美音は「AKB48は10回目の『レコード大賞』出演で、9回連続『優秀賞』を頂けているので、うれしく思っています。今年は指原(莉乃)さんの卒業発表があり、寂しい気持ちもありますが、新しい世代で頑張っていきたいです」と話した。

 「指原さんを含めた最後のレコ大のステージになりますが」と聞かれた柏木由紀は「さっしーとは10年以上一緒に活動してきて、秋元(康)先生にも『指原&柏木のババアコンビで頑張れ』と言われてるので、一緒に立てる最後のこのステージを、全力を尽くして頑張りたいです」とコメントした。

 純烈の小田井涼平は「受賞について(妻の)LiLiCoさんは何か言っていた?」と質問されると、「『びっくLiLiCoー!』って言っていました」と明かして、笑わせていた。

 番組は、30日午後5時30分からTBS系で放送。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ