エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

滝沢秀明、今年の漢字一文字は「行」 「『さよなら』は使いたくない」

主人公の外科医・当麻鉄彦役を演じた滝沢秀明

 WOWOW「連続ドラマW 孤高のメス」の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の滝沢秀明、仲村トオル、工藤阿須加、山本美月、長塚京三、内片輝監督が登壇した。

 年内で芸能活動を引退、プロデュース業に専念することを発表している滝沢は、「今年を表す漢字一文字」を尋ねられると「行」と回答。「今回大きな決断をしましたが、これは皆さんとの『さよなら』ではない。『さよなら』という言葉は使いたくない。『行ってきます』という意味でこの一文字にしたいと思います」と語り、観客から温かい拍手を浴びた。

 大鐘稔彦氏のベストセラー小説を連続ドラマ化した本作で、滝沢は、旧態依然とした医療体制の中で患者を救うという信念と向き合い続けた主人公の外科医・当麻鉄彦役を演じた。その役柄について、「どんな状況に置かれてもブレずに前に進んでいく彼の生き方は、男から見てもかっこいいと思いました。自分がやりたいこと、求められているものはたくさんあると思いますが、“自分の思い”は当麻のように大事にしていかなければいけないと思ったし、当麻から大きな刺激を受けました」と振り返った。

 「当麻のような大きな男になりたい」とも語った滝沢。司会者から「既に大きな男」と褒められると、「いや、身長は小さいのですが…」と冗談めかし、「まあ身長は無理ですが、とにかく皆さんの期待に応えられるような大きな男になりたいと思います」と目を輝かせた。

 滝沢と約20年ぶりに共演した長塚は、「滝沢さんは15歳ぐらいから芸風が変わらない。深く静かに一人で情熱を秘める…という芸風は、天性ですね。15歳にして自分の持ち味というのを把握していたんだと思います」と滝沢をたたえた。

 ドラマは、2019年1月13日午後10時から毎週日曜に放送(全8話)。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ