エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

ふぉ~ゆ~松崎祐介「光一くんみたいに続編をやりたい」 林翔太「『滝沢歌舞伎』で勉強したことを出したい」

単独初主演の松崎祐介

 舞台「デルフィニア戦記~動乱の序章~」の囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者の松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、佃井皆美、林翔太(ジャニーズJr.)、秋本奈緒美が登場した。

 本作は、人気ファンタジー小説を舞台化したシリーズ第2弾。デルフィニア王国の国王として国政を取り仕切るウォル(松崎)と王女のリィ(佃井)、後にリィのパートナーとなる侍女シェラ(林)の姿を描く冒険物語。

 本作が単独初主演となる松崎は、初日公演を終えて「お客さんが温かく迎えてくれて、僕も新鮮な気持ちで臨むことができました。作品が皆さんとともに良くなっていくと感じています」と手応えを語った。

 また、初座長を務めた感想を「いつもだったら(ふぉ~ゆ~の)3人がいるので、しっかりしないといけないなって勉強になりました。いっぱい差し入れをして、基本、おかきを持って行きました」とエピソードを披露した。

 本作で女装に挑戦した林は「お化粧も、付けまつ毛も初めてして、女性の大変さが分かりました。髪の毛とか着替えが大変です」と感想を語った。

 「自分の女装姿はタイプ?」と聞かれると、「まんざらでもないですね。居たらほれちゃうかもしれない」と自画自賛。松崎も「きれいです」と笑顔で絶賛した。

 また「アクションシーンがすごいですが」と聞かれた林は「滝沢歌舞伎で勉強させてもらったので、ここで(培ったものを)出し切りたいです」と意気込みを語った。

 立て続けに舞台に出演している松崎は「(堂本)光一くんとご飯に行ったときに、『大変だね。今は大変かもしれないけど、松にとって今後のチャンスになるんじゃん』って言われました。なので、光一くんのように、松崎祐介も、一人で十年以上できる作品があればなと企んでます。続編をやりたいです」と意欲を見せた。

 舞台は、13日まで都内・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで上演。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ