エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岡田准一「つかみどころのない役は難しかった」 「他のみんながうらやましかった」

オカルトライターを演じた岡田准一

 映画『来る』の公開初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、黒木華、小松菜奈、青木崇高、松たか子、妻夫木聡、中島哲也監督が登壇した。

 本作は、第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を映画化したもの。“あれ”に狙われた人々の心の闇を描く。

 “あれ”の調査を行うオカルトライターの野崎を演じた岡田は、撮影を振り返り「難しかった。つかみどころのない役だし、受け身なので」と苦笑い。

 「オカルトライターなので(怪奇現象を)体験していく役柄。リアクションを続けていくのだけど、世界最強の霊媒師とか、取り付かれるといったことも何もないので、(共演した)みんなをうらやましく思って見ていました」と苦労を振り返った。

 毒舌で知られる中島監督は「そういう役こそ難しい。さほど見せ場もないからね」としつつ、「確固たる癖がある役は誰でもできますから」とコメント。妻夫木が「ついに本性を現してきたな」と返して、笑いを誘った。

 そんな妻夫木は、中島監督と組むのは3度目。「僕が『渇き。』に出たときは、『面白いことを何かやって』と言われ、一つ面白い芝居をやってみると『また違うやつ』みたいな。雑な演出だった」とエピソードを披露。

 中島監督は「基本的には男優に興味がない。失敗したときに皮肉を言うぐらい。男は見ていても面白くない」と語り、これには岡田と妻夫木も「ひど~!」と声をそろえた。

 それでも、2人について「全然タイプが違う俳優さん。この2人の掛け合いは個人的にはものすごい刺激的だったし、面白かった。これから2人でバディムービーとかやればいいじゃない?」と話した中島監督。

 岡田から「じゃあ撮ってくれますか?」と聞かれると「僕はやらないけど」と即答し、岡田らを爆笑させた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ