エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

梅原裕一郎「登場人物は全員被害者。特にかわいそうなのは…」 『機動戦士ガンダムNT』初日舞台あいさつで

登壇者一同

 映画『機動戦士ガンダムNT』初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、声優の榎木淳弥、村中知、松浦愛弓、梅原裕一郎、脚本の福井晴敏氏、プロデューサーの小形尚弘氏、吉沢俊一監督が登壇した。

 本作は「機動戦士ガンダム」を原点とする「宇宙世紀」シリーズの最新作。「機動戦士ガンダムUC」の1年後を舞台に、突如出現したユニコーンガンダム3号機を巡る物語を描く。

 まず、本作で一番印象に残ったシーンを聞かれた福井氏は「最後まで一瞬も笑わない主人公(が印象的)でした」と回答。

 すると主人公ヨナ・バシュタ役の榎木は「(ヨナは)幸せな気持ちに一瞬もなっていない。ずっと悲しかったです」と告白。ゾルタン・アッカネン役の梅原が「ゾルタンが一番(狂ったように)笑っていました」と突っ込んで、笑わせた。

 ヨナたちに敵対し、狂気じみた言動が印象的なゾルタンだが、演じた梅原は「(登場人物は)全員被害者だけど、ゾルタンは特にかわいそうなんです」と意味深に語った。

 さらに、アフレコ中に「榎木さんがずっと『JKがいる!』と興奮していた」と暴露。リタ・ベルナル役の松浦は現役高校生ということで、榎木が浮き足立っていたことを明かした。

 また「自分が“ニュータイプ”だなと思うことは?」と聞かれた吉沢監督は「(ガンダムシリーズの生みの親である)富野(由悠季)さんがキレる前に『あっくる!』と分かること」と答え、小形氏も激しく同意し、会場は笑いに包まれた。

 最後に、福井氏が本作の見どころについて「ニュータイプについて、かつてないぐらいに踏み込んでいて、賛否両論だと思う。僕が勝手に考えたのではなく、過去作からの積み重ねを踏まえてこうなった。納得しながら見ていただけると思う」と締めくくった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ