エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

“省エネ住宅大使”壇蜜、普段からエコ生活 コンビニ袋は「成仏できるように2、3回使用」

「省エネ住宅推進大使」の壇蜜

 環境省が推進する「COOL CHOICEエコ住キャンペーン キックオフイベント」が30日、東京都内で行われ、タレントの壇蜜が出席した。

 同キャンペーンは、住宅の省エネ・低炭素化推進のため、高断熱・省エネ住宅への買い替えや省エネリフォームを呼び掛けるもの。

 昨年「省エネ住宅推進大使」に任命された壇蜜は、白のワンピース姿で登場。さまざまなイベントに参加してきたことに触れ「どれぐらい皆さんに伝わったかまだまだ心配なのですが、『省エネ住宅』と言うと、皆さんすごく興味を持ってくださる」とうれしそうに明かし、「今後もしっかり広報していきたいと思います」と意気込みを語った。

 同席した原田義昭環境大臣も、省エネ住宅の体験希望者数が急増したことを挙げ「壇蜜さんの頑張りが相当な成果を上げている」と活躍をたたえた。

 原田大臣から、特製エコバックをプレゼントされた壇蜜は「結構入ります。2リットルのペットボトル3本はいけそう。持ち手が細いですが、ちゃんと3重に縫ってあり安心です」と消費者目線で“実況”し、会場を沸かせた。

 普段から“エコ生活”を実践している様子の壇蜜。「コンビニなどでたまたま頂いたビニール袋も、買い物袋の役目だけで終わらせないように、常に持ち歩いて汚れたものを入れたり、ゴミ箱代わりに使ったりと2、3回使ってちゃんと成仏してもらうように心掛けています。限りなくゼロに近い形で、コンビニ袋が減っていけば…」と語った。

 「節水シャワーヘッド」も愛用しているといい、「水の使用量が減るだけでなく、粒子が細かくなることで体に当たる面積も広がる。頭を洗ったときにつむじも痛くなったりしないので、いいこと尽くめです」とほほ笑んだ。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ