エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

安田美沙子、長男の成長に「毎日感動」 年越しは「家族そろって京都の実家に…」

 (左から)安田美沙子、ファーウェイデバイス日本・韓国リージョンプレジデントの呉波氏、皆藤愛子

 「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」が28日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの安田美沙子とフリーアナウンサーの皆藤愛子が出席した。

 「ファーウェイ・ジャパン」は、AIとLeicaのレンズを搭載したフラッグシップモデルスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」を30日に発売する。

 同機種を一足先に体験した安田は、「夜景モードでイルミネーションを撮ると、人物も背景も両方きれいに撮れたので感動しました」とにっこり。1歳半になった長男の写真も記録として毎日撮りためているそうで、「(育児は)いっぱいいっぱいですが、最近『電車』とか『ブーブー』とか言うようになって、人間ってすごい進化をするんだな…と毎日感動しています。本当にかわいいです」と幸せいっぱいに語った。

 また夫の育児参加についても「やってくれますよ。子どもの顔が主人にそっくりなので、溺愛していますね」と語った安田。年末の予定については、「クリスマスは家族で過ごします。年越しは毎年、私の京都の実家に行くのですが、今年も京都に帰るつもりです」と声を弾ませた。

 そんな安田の“家族エピソード”に、「すっごく憧れます。うらやましいですね」と目を輝かせた皆藤。自身の結婚については「そろそろしたい。事務所も(自分より年齢が)上の人がいなくなってきたので私も“行っていいんだな”と心構えはできています。(相手は)募集中です」と話した。

 最後に今年を振り返った安田は「すごく早かった。恋人から(夫婦になり)子どもも生まれて…。日々を乗り越えながら、家族って少しずつできていくのかなと感じた1年でした」としみじみ。皆藤は「穏やかな1年。重大ニュースといえば飼い犬が還暦を迎えたぐらい」とほほ笑んだ。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ