エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岡田准一、中島哲也監督は「いい意味で、クレイジー」 小松菜奈「監督は変態なんじゃないかなと思った」

岡田准一(左)と小松菜奈

 映画『来る』の公開直前イベントが27日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一と小松菜奈が出席した。

 本作は、第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を『告白』『渇き。』の中島哲也監督が映画化したもの。“あれ”に狙われた人々の心の闇を描く。

オカルトライターの野崎を演じた岡田は、映画がつい先日完成したことを明かし、「本当にギリギリ。その日にできなければ(公開に)間に合わない、という最終リミッターの日にできたみたい。映画『来る』が、“来ない~!”ってなっていたかも…」と笑わせた。

 中島監督については「非常にこだわる方。撮っているときも、僕が『間に合いますか?』と聞いたら『知らないよ、そんなの』と言われていたので…」とエピソードも披露。

 「でもそういうところ(最終期限)はしっかり守る監督。本当にすごい、監督の作品ができたと思う。監督はいい意味で、クレイジー」と語った。

 一方、小松は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴役を演じた。完成作を見た感想を「目まぐるしく強烈な映像を見たな…という感じ。(監督は)変態なんじゃないかなと思った。いい意味で…」とコメントした。

 また、厳しい演出で知られる中島監督だが「私もすごくたくさん言われた。『青春映画のやり過ぎだ』とか、『こんな芝居をここでしなくていい!』とか…」と苦笑交じりに振り返った。

 だが、岡田はそんな2人の関係性がうらやましかったようで、「愛情がある。親と子のような。『どこで覚えてきたんだ、そんな芝居!』とか言われていたよね」と笑いながら回想。

 岡田自身も厳しく指導されたそうだが、「僕は1回(せりふを)かんだときに、『賞とか取っているんでしょ。かむのはどうなの?』ってディスられました」と明かし、会場を盛り上げた。

 映画は12月7日から公開。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ