エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

佐藤健、山田孝之の“気絶エピソード”を披露 「役に入り込む深度の次元がちょっと違う」

山田孝之(左)と佐藤健

 映画『ハード・コア』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、佐藤健、荒川良々と山下敦弘監督が登壇した。

 本作は、伝説のコミック『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』を映画化したもの。あまりにも純粋で信念を曲げることができず、世間になじめない主人公・右近を山田、右近が唯一心を許せる友人を荒川、エリート商社マンの右近の弟・左近を佐藤が演じた。

 映画の内容にちなみ「どういう生き方をハードだと思うか?」と尋ねられたキャストたち。佐藤は「最大の難易度の質問…」と頭を悩ませながらも「隣で孝之くんを見ていると、この人ぐらいハードに生きている人はいないと思う」と答えた。

 佐藤はその理由を「全てにおいて一生懸命だし、同じ職業をやっているから分かるけど、役に入り込む深度の次元がちょっと違う」と語った。

 続けて「本番中に気を失ったりしている。台本に“どうこくする”と書かれたら(実際に)そうして救急車を呼ばれたりしているので」と撮影中のエピソードも披露。「そこまで俺、いけてないなぁって…」とつぶやく佐藤を見て、山田は「いかなくていい。(周りを)不安にさせるだけだから」と苦笑した。

 山田は「人生ハード。なんでこんなに大変なんだろうっていつも思うけど、やりがいがあるし楽しい。勝手な使命感でやっていても、喜びや楽しみがあってやっているのだから仕方がない」と語りながら、「これ早死にする人の典型ですね」と笑った。

 また今回、山田ときょうだい役を演じた佐藤は「一見全然違うけど、初めて完成作を見たときに、われながら似ているなと思って、それがうれしかった」とコメント。そんな佐藤を横からまじまじと見詰めていた山田は「格好いいなぁ。本当に男前だなっていつも思う」と語り、佐藤を照れさせた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ