エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

安井謙太郎、初MCも「楽しかった」 「森田美勇人と最北端の地でめっちゃ踊ってた」

初MCを務めた安井謙太郎

 映画『ニート・ニート・ニート』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の安井謙太郎(ジャニーズJr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯敦生ほかが登場した。

 本作は、3人のニート(安井・山本・森田)と謎の少女(灯)が広大な夏の北海道を駆け巡る、青春ドタバタロードムービー。

 本作で映画初主演を務めた安井は、この日はMCにも初挑戦した。

 安井は「主演で初日を迎えられてありがたいんですけど、MCをやるって話をさっき聞きまして、もうちょっと事前に教えていただけないのかなって」とぼやいて笑いを取ったが、撮影時の思い出話などを登壇者から聞き出して会場を盛り上げた。

 安井が「座長としての僕はどうでしたか? 『ここが良かったよ』っていうエピソードは?」と登壇者らに賛辞の声を求めると、森田は「常に元気だったよね。毎日朝早くに起きて、一番にロケバスに来ていました。すっごい(座長として)心掛けているんだろうなと思って」と振り返った。

 灯は「宗谷岬の食堂で、ダンスの振りを(安井と森田が)2人で練習しているところを見掛けました。映画はニート役なんですけど、そこまで働くのかって…。普段はすごい働き者なんだなって思いました」とエピソードを披露。

 また、安井が「食堂の窓が、夜になると反射して鏡みたいになるから、A.B.C-Zさんの振りを練習していました。最北端の地でめちゃめちゃ踊ってたよね」と問い掛けると、森田も「さんざんニートした後に2人で踊ったよね。ベースも練習していました」と明かした。

 終盤では、安井が初MCを務めた感想について「本当にラジオをやってて良かったなと思いました。楽しかった、またやりたいな~」と笑顔で声を弾ませ、会場を盛り上げた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ