エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

木村拓哉、初共演の長澤まさみを「一切逃げないし全力」 木村は刑事役、“七三分け”に初挑戦

 映画『マスカレード・ホテル』の完成報告会見が20日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。

 本作は、東野圭吾氏の人気長編ミステリー小説を映画化。連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田浩介を木村、新田と共に事件の真相に迫る一流ホテルマン・山岸尚美を長澤が演じる。

 さまざまな職業を演じてきた木村だが、刑事役は意外にも初めて。「ようやくバトンが回ってきたなと思った。でも潜入捜査ものなので、クランクインして次の日にはもうホテルマンになっていた。モチベーションは警察官ですが容姿、所作はホテルマン。ちょっと異色なバトンでした」と苦笑した。

 2人はこれが初共演。長澤の出演作を見てきたという木村は、「しっかりと自分の役を全うされる方なんだろうとは思っていたけれど、どのように現場に向き合う方なのかは不透明だった。今回、共同作業でそこがものすごくクリアーになった。一切逃げないし全力」と長澤の芝居に対する姿勢を称賛した。

 長澤も「いつか共演したいと思っていた。やはり先輩なので緊張してしまうのですが、現場では、私がどんなにぶつかっていってもそれを全て受け止めてくださった。会話劇なのですが、ちゃんと目を見て、目の奥の心で見るということをしてくださるので、常に頼りがいがありました」と木村に厚い信頼を寄せていた。

 劇中では“七三分け”にも初挑戦した木村は、「長澤さんからは受けが良かったです」。長澤も「ショートヘアもすごくお似合い。『また切らないんですか?』と先ほども聞いたところでした」と舞台裏でのやり取りを明かしていた。

 映画は来年1月18日から全国東宝系にて公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ