エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松岡茉優、安藤サクラに“敗北宣言” 最優秀女優賞獲得も「完全な2位」

最優秀女優賞を受賞した松岡茉優

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、最優秀女優賞を受賞した松岡茉優が登壇した。

 松岡は『勝手にふるえてろ』『万引き家族』『ちはやふる -結び-』などの演技が認められての受賞。同じく最優秀女優賞を受賞した安藤サクラはスケジュールの都合で、この日は欠席した。

 花束を手に「うれしくてたまらない」と喜んだ松岡だったが、「TAMA映画賞さんがもし他の映画賞と同じように最優秀賞が“1名のみ”だったら私は確実にここにはおりません。大変おこがましいですが完全な2位だと思ってます」と、安藤への思いを口にした。

 松岡は『万引き家族』で安藤が終盤に見せた“泣きの演技”に言及。海外でも話題になったシーンだが「初号試写で見たときに悔しいと思った」と率直な思いを吐露した。

 2年前に同映画賞で「最優秀新進女優賞」を受賞している松岡。「私の一番の成長はあのシーンを見て、悔しいと思えたこと。それまでの私だったら、ただ感動していただけだった。でもサクラさんに追いつきたい、追い越したいと思えるようになったのは、ここで俳優として認めてもらえたから」と言葉に力を込めた。

 そして「またここに呼んでいただけるように精進してまいります。(呼ばれるのは)来年ですかね?」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 また、松岡は『勝手にふるえてろ』で演じた“こじらせ型のヒロイン”について、「8歳から子役をやってきましたが、私のこれまでの全てを出し切らないとできない役だった」と振り返った。

 一方、『万引き家族』では、「私のこれまでの術が一切通用しなかった。私の十数年は何だったんだろうと思うぐらいOKが出なかった。ニコニコした是枝(裕和)監督の『もう1回』という声が現場に響いていました」と苦笑交じりに語った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ