エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松坂桃李、厳しいマネジャーと“二人三脚” 「この10年でメンタルが強くなった」

最優秀男優賞を受賞した松坂桃李

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、最優秀男優賞を受賞した松坂桃李が登壇した。同じく最優秀男優賞を受賞した東出昌大は、舞台出演中のため欠席した。

 松坂は、『孤狼の血』『娼年』『不能犯』『彼女がその名を知らない鳥たち』での演技が認められての受賞。同映画賞が10回目を迎えたこともあり、「僕もお芝居を始めて10年。そんなタイミングで僕が頂けたのも何かのご縁なのかな」と語り、笑顔を見せた。

 デビュー当時を振り返った松坂は「初めてドラマが決まったときは、うちのチーフマネジャーに『いや、松坂くんは“バーター”だからよろしくね』と。バーターというのは、事務所の売れている人の力を使うやり方なんですが、この現実を受けとめろと。『ああ、そうですか』と…」と苦笑交じりにエピソードを披露した。

 続けて「2年目に『今年ちゃんと結果を出さないと、あなたは終わりです』と言われ…。そして3年目。『ここで結果を出さなければ、本当に終わりだよ』と。10年ずっと二人三脚でやってきたのですが、結構精神的に“食らう言葉”を掛けられ続け、おかげさまでメンタルがちょっと強くなりました」と笑わせた。

 松坂は「数々の作品や共演者の方と出会って、すてきな時間を過ごしてきて、その現場を用意してくれたのがチーフの方。感謝してもし切れない。結構メンタルがボロ雑巾のようにはなったけど…」と明かした。

 そんなチーフマネジャーの存在や、現場で出会ったスタッフ、共演者と過ごした時間が今の自分を作ってくれているとし、「今年で30歳。30以降からは、このたくさん受けた恩を一個一個丁寧に返していきたい」と言葉に力を込めた。


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ