エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

稲垣吾郎「香取くんや草なぎくんに“ヒステリックゴロチ”と言われる」 「皆さんの前では隠していますが…」

2度目のベートーベン役に挑む稲垣吾郎

 舞台「No.9-不滅の旋律-」の公開舞台稽古が10日、東京都内で行われ、稽古前に主演の稲垣吾郎が囲み取材に応じた。

 2015年に初演された本作は、天才音楽家ベートーベンの劇的な半生を描くもの。

 2度目のベートーベン役に挑む稲垣は、開幕を目前に控え「仕上がりはバッチリ。皆さんは完璧なので、あとは僕だけですね」と控えめにコメントしたが、「稲垣さんに足りないところとは?」と聞かれると「ないですね~。言わせないでください」と冗談交じりに返して笑わせた。

 稲垣は「ベートーベンと似ている部分」を聞かれると、「やっぱりヒステリックなところですかね。最近、香取(慎吾 )くんや草なぎ(剛)くんに“ヒステリックゴロチ”と言われるんです。せっかちだったり、僕には多少そういうところがある。皆さんの前では隠していますが、何十年も一緒にいると(2人には)隠してもバレてしまう」と語った。

 「われわれが聞いては駄目な質問は?」「髪の話はNGでは?」などと尋ねる報道陣に対しては、「これはかつらなので大丈夫です。分からなかったですか? 普段はもっと髪形はちゃんとしてるんですよ。こんなボサボサなわけがないじゃないですか」と声を張り上げ、笑いを誘った。

 また、ヒロイン役の剛力彩芽については「すごく真剣に取り組んでいらっしゃる。真面目な方ですね」と絶賛。プライベートな話は「役としての距離感を保ちたいので」という理由から「していない」とした。

 それでも「ZOZOさんから差し入れは?」と突っ込まれると、「その質問は想定していなかったな。ほしいですよね。まだ頂いていないです」と苦笑い。

 「ZOZOスーツは?」と突っ込まれると、「ベートーベンに聞いておきます。この後、ゲネ(公開稽古)なんです。皆さんのお気持ちは分かりますけど」と穏やかに制して再び笑いを誘った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ