エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

菅田将暉「シューマイにはからしだけ」 仲里依紗「現場でシャーッてやるだけ」

(左から)関根光才監督、仲里依紗、趣里、菅田将暉、西田尚美

 映画『生きてるだけで、愛。』公開記念舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の趣里、菅田将暉、仲里依紗ほかが登場した。

 本作は、リアルとバーチャルが混在する現代社会で、“他者とのつながり”を求める若者の心情を描いたラブストーリー。

 引きこもりのヒロイン寧子を演じた趣里は「人生はつらいことや苦しいことがたくさんあると思います。でも、誰かとつながっているなと感じる時間が少しでもあるから、明日に向かっていけるのかなって感じました」と役柄と向き合った感想を語った。

 寧子と同居する津奈木役を演じた菅田は、趣里と共演したことを「お互いに(役柄上)知らず知らずのうちに受け止め合って、知らず知らずのうちに拒否し合っていて、現場は心地良かったです」と振り返った。

 キテレツな津奈木の元カノの安堂を演じた仲は「自身の役柄をどんな子だと思って演じた?」と聞かれると、「どんな子なんだろう。私そんなに考えてやらない。現場で『よーい、ハイ』って言われて、シャーッてやるって感じです。帰ったら子育てするし、ヘラヘラしているんで、そんな感じでやってま~す」と奔放なトークで、笑いを誘った。

 作品にちなみ「これだけがあればいい、と愛を感じられるものは?」と聞かれた菅田は、「シューマイにはからしだけ」と書いたフィリップを出すと、「最近論争になったんです。シューマイって意外に人それぞれ違くて、マネジャーは塩がいいとか…。俺は絶対にからしだけです」とこだわりぶりを披露した。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ