エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

江波杏子さん、76歳で死去 『女賭博師』シリーズなどで活躍

 女優の江波杏子さん(本名・野平香純)が先月27日、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため死去していたことが2日、分かった。76歳。所属事務所が報道各社にFAXで発表した。

 江波さんは、先月26日に体調不良(呼吸の状態が悪化)を訴え、都内の病院に緊急入院したが、回復することなく翌27日午後9時6分に息を引き取ったという。

 所属事務所は「肺気腫は長年患っておりましたが、日常生活に差し障りなく女優業に励んでおりました。現に10月22日(月)まで元気に仕事をしておりましたし、また11月以降から来年にかけての仕事もお引き受けすべく、意欲に満ちておりました。あまりの突然の出来事に言葉もありません」とコメントした。

 葬儀は2日、近親者のみで営まれた。「密葬後に、皆さまに報告をしてほしい」という故人の遺志に従い、この日の発表となったという。

 江波さんは1942年10月15日生まれ、東京都出身。1959年に大映に入社。60年の『おとうと』で映画デビュー。66年に初主演作『女の賭場』が大ヒットし、67年から『女賭博師』シリーズ17本が作られ大映の看板スターとなった。近年は、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」などに出演し、今年公開の映画『娼年』にも出演していた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ