エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

川栄李奈、廣瀬智紀のW主演舞台が開幕 作者の鈴木おさむ氏「女性が泣けるラブストーリー」

囲み取材に出席した舞台「カレフォン」出演者たち

 舞台「カレフォン」の囲み取材が4日、東京都内で行われ、廣瀬智紀と川栄李奈、戸塚純貴、鈴木おさむ氏ほかが登壇した。

 本作は、作・演出を鈴木氏が手がけ、音楽を大塚愛が担当する、切ないラブファンタジー。恋人を病気で亡くし、仕事もうまくいかずに生きる実感をなくした主人公・茜(川栄)のスマホから、ある日突然、亡くなったはずの元カレの声が聞こえてきて、茜を取り巻く人々の運命が動き出す。

 元カレの駿を演じる廣瀬は、「1カ月みっちり稽古してきたので、そこで作り上げた世界観をどれだけ届けられるかというワクワクとドキドキでいっぱいです」とあいさつ。川栄は「和気あいあいと団結して稽古ができたので、それがみんなに伝わればいいなと思います」と開幕を直前に控えた心境を笑顔で語った。

 一方、鈴木氏は「今回は女性が見にきて泣けるラブストーリーを作ろうと思っていました。稽古で女性スタッフが爆泣きしているのを見て感じています」と自信をのぞかせた。さらに、同氏は「稽古をしてきて、川栄さんは心の中におじさんが住んでいるのがわかりました。それを捨てて、思いっきり“恋愛”していただけたら」と川栄の意外な一面も暴露。しかし、川栄は「(この座組は)男性が女性っぽくて、女性陣が男っぽいので、逆にバランスいいなと思います」と意に介さない様子で、会場を笑わせた。

 また、鈴木氏の妻で、お笑いトリオ「森三中」の大島美幸が手首を骨折したことについて、鈴木は本作の稽古中の出来事であることいい、「今は、プレートを入れて、X−MENのウルヴァリンみたいになってます。プレートを入れると治るのが早いようで、今朝は洗濯ばさみをつまめるようになっていました」と順調に回復していることを報告した。

 舞台「カレフォン」は、4日〜21日に東京・オルタナティブシアターほかで上演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ